社員を知る

一覧ページへ戻る

設計は無限大。
自分らしく、
お客様の笑顔を思いながら
描いています。

永徳 領一
長崎支店 建設部設計課 2013年入社

01.入社のきっかけは?

もともと私は普通科高校出身で、理系だったので大学に行く際、理学部か工学部かという選択だったんです。どうしても理系というと堅い仕事が多そうに見えると思うんですが、その中でも建築という分野は生活に一番身近な気がしたので建築学科に進みました。そして、もっと建築が勉強したかったので大学院まで進み、木造住宅の設計を専門とする研究室に在籍して、設計を深く学ぶことができました。就職の際は、やはりいろいろな住宅に携わりたい、そして設計士として独立するよりも、しっかりと会社に腰を据えたいと思い住宅メーカーを希望。中でも谷川建設は木の温もりを大切にし、自由設計を謳っていたので、ここなら自分らしく設計ができるんじゃないかと思ったんです。それが谷川建設を選んだ一番の理由です。実際、谷川建設では契約から完成までお客様に寄り添い、お客様一人ひとりのご要望と生活スタイルに合った設計を考えなくてはいけないので、毎回悩みも尽きませんがその分完成の喜びは大きいです。入社して丸6年になりますが、どの家も新鮮な気持ちで携わることができているのがありがたいなと感じます。

02.仕事内容とやりがいを教えてください。

私の仕事は、お客様の家の間取りを考え設計することです。谷川建設は注文住宅なのでとにかく選べる幅が広く、設計もイチから始めることになります。お客様のお話を深く聞き、どんな生活スタイルなのか、どんなデザインがお好みかなどを理解した上で図面に表現するのですが、最初のプレゼンテーションのときがいつも一番緊張するし、一番ワクワクします。お客様の顔に喜びの色が見えたときは、心からやりがいを感じますね。私が設計士として仕事をする上でいつも考えているのが、どこかに新しい試みを取り入れること。例えば通常はフラットにするであろうLDKから和室への導線を小上がりにするなど、これまでやったことがないデザインや間取りを提案していきたいと思っています。これは、完全自由設計の谷川建設だからできることです。もちろんお客様あってのお仕事ですから、お客様のご要望や快適な生活導線を一番に考慮し、自分のエゴにならないように気をつけながらですが。お客様の喜びと私の試みが気持ち良く一致したときは、やりがいをひしひしと感じますね。

03.嬉しかったこと困難だったことは?

この質問はとても難しいですね。どの家も、いつも困難がありますし、完成してお客様が喜んでくださったときは嬉しいと思いますから。しいて言えば、困難だったことはお客様が展示場の家を大変気に入られて、「そのまま同じに建てて欲しい」と言われたことです。ご夫婦2人のお宅だったのですが、さすがに展示場と同じサイズでは大きすぎるので、それをお客様の土地や立地条件、生活スタイル、これから増えるであろうご家族のことなどを考えながらリサイズしていきました。ベースに完成した間取りがあったので、それをいかに崩さずに完成へ導くか、これがなかなか困難でしたね。嬉しかったことは、谷川建設では年に一度社員総会という行事があり、年間500棟ほど建てる家の中で素晴らしかった設計のものを社員が投票して選び、表彰するイベントがあります。私の作品もこれに選ばれたことがあり、全社員から評価されて選ばれたというのがとても嬉しく、モチベーションアップと自信につながりました。でもまだ一位を獲ったことがないので、これから頑張ってぜひ獲得したいと思っています。

04.就活中の方へメッセージ

谷川建設は、型が決まっている生産型住宅と違い、さまざまなテイストの住宅を自分でイチから考えることができます。その分大変さもありますが、「設計がやりたい」と強く思っている方にはぴったりな会社だと思います。そして何より、多くのお客様から喜ばれる仕事です。「あなたに設計を頼んでよかった」と言われたときの嬉しさは、他の仕事では味わえないものだと思います。もちろんいろいろな壁にぶち当たることもありますが、そんなときは頼もしい先輩方もいらっしゃいます。私もこれまで、先輩方のアドバイスにとても助けられ、人間としても社会人としても成長できたと思っています。また、切磋琢磨する仲間の存在も大きく、私がここまでこれたのもライバルでもあり同志でもある仲間の存在があったからです。こういう人間関係が良いところも谷川建設の魅力だと思います。是非どんなときでも前向きに、チャレンジ精神を忘れないでください。設計をしたいという方は、谷川建設ならきっと夢が叶うと思います。ぜひ一緒に、お客様を笑顔にするステキな家をつくっていきましょう!

エントリーはこちら