谷川建設

  • お近くの展示場・イベント
  • お近くの事業所
  • リクルート情報
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ハウジングコレクション
  • カオリエ

檜へのこだわり

未来永劫、変わらぬこだわり。谷川の造る家は、木曽谷の檜。

谷川の家の上質は、木曽檜が支えている。

木曽檜は年間20万本しか産出されない稀少材。
谷川はこの限られた檜の中から、さらに強度と耐久性を厳選した高品質のみを使用して、上質な家を造っています。

神話の時代から檜は建築材の王様

日本書紀に「ヒノキは宮殿にせよ」という記載があり、その頃から檜は最良の建築材でした。世界最古の木造建築物である法隆寺は檜を建材にすることで1400年の時を超えて生き続けています。

歴史が注目した稀少材―木曽の檜

豊臣秀吉は本格的な築城の建築材として、強固な木曽檜に注目。産地を直轄領としました。大阪城や姫路城などの大黒柱には木曽檜が使われています。江戸時代には尾張藩が資材確保のため直轄にするほどの稀少材に。明治以降は皇室の御料林となり、檜はさらに稀少になりました。

木曽檜を使用することで谷川の家が生まれる

現在は「育林循環」により、持続可能な資源を目指している木曽檜。しかし木曽谷の73%が国有林になっており、その稀少性はますます高くなっています。谷川の家はこの木曽檜約50,000本を厳選して使用しています。

目に見えない部分にも木曽檜を使うこだわり

家の構造部分は、人間の骨格と同じ。たとえ目に見えなくても、健康を維持するための基本です。谷川はこの構造部分に木曽檜を使うことに徹底してこだわっています。さらに柱部分は樹齢約80年の木曽檜を使うなど、こだわりは随所に。谷川の家は健康住宅であり省エネ住宅でもあるのです。

最長200年サイクルで木曽檜を育林・循環します。

国内で最も多くの木曽檜を使用している谷川。
谷川の家に住むことは循環型の自然構築の一部なのです。

皆伐

全部切り、植林に適した山を作る

植林

皆伐してできた山に苗を植える

下草刈り/除伐

檜以外の雑木を取り除く(林地に光を入れ、保水力を高める)。

保育伐採

品質の低いものは切り倒し山の堆肥となる(質のよい檜に光を充てる)。

利用伐採

樹齢75年以上の木を建築材に利用するために伐採する(谷川の構造材)。

長期育成

樹齢200年の大経木まで生育させ、重要文化財などの神社仏閣に使われる

育林循環