谷川建設

  • お近くの展示場・イベント
  • お近くの事業所
  • リクルート情報
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ハウジングコレクション
  • カオリエ

空気環境

自然素材を基本にしてシックハウス対策

建材のひとつひとつを選別。自然素材を基本にした確かなシックハウス対策。

建物の内装材から発生する化学物資(特にホルムアルデヒド)が、シックハウス症候群の原因といわれています。「食材」が添加物の有無などを確認して選ばれるように、「建材」も家族の健康を考えて素材を選んでいます。無垢の木材は有害物質を出しません。また、谷川では厚生省指針値をはるかに下回る素材を選んでいます。

VOC測定風景

ホルムアルデヒド実測結果

ホルムアルデヒド実測結果

VOC実測結果

VOC実測結果

木の調湿効果

木の家は呼吸する。柱1本でコップ10杯分の湿度を調整。

木は呼吸するといわれています。実は、空気中の湿気に対して、水蒸気を吸ったり出したりしています。木材は通常、ある程度の水分を含んでいますが、湿度が高くなるとさらに空気中の水分を吸収します。乾燥するとこれらの水分を放出します(コップ10杯分)。部屋の湿度をいっきに下げてしまうエアコンや加湿・除湿機などと比べると、木の調湿作用は湿り過ぎや乾きすぎがありません。だから檜は体にやさしい健康素材です。

檜の柱1本でコップ10杯分の水分を調整する檜の調湿機能。

檜の家は、家まるごとが加湿器や除湿器のよう。

葉100gあたりのフィトンチッド

檜には多くのフィトンチッドが含まれています。
1300年以上も前に建てられた法隆寺の改修時、柱の表面を2〜3mm削るとヒノキの香りがしたという話は有名で、柱にもフィトンチッドは蓄積されています。

【出典】国立研究開発法人 森林総合研究所

木材のフィトンチッドのリラクゼーション効果

癒しの正体である木の香り(フィトンチッド)は、ストレスホルモンを減少させる効果があります。このストレスホルモンの減少が、体に様々な効果をもたらす事が解ってきました。

ヒノキの葉の香りがもつリラクゼーション効果

ヒノキ葉の精油の香りを女子大生13名に90秒間嗅いでもらい、その間の脳活動と自律神経活動を計測しました。その結果、ヒノキの葉の香りは、脳の血流量を減少させるとともに、リラックス状態で高まる事が知られている副交感神経を昴進させ、人の生体をリラックスさせる事がわかりました。

【出典】Ikei H, Song C, Miyazaki Y.(2015), J Physiol Anthropol. 34:44, Fig-3(A)を改変

木の香りによる、血圧・脈拍への効果

木の香り(フィトンチッド)には、血圧・脈拍を下げる効果があり、人の心を和ます鎮静作用があります。

【出典】国立研究開発法人 森林総合研究所を改変

単に高血圧の薬のように血圧を下げるだけの効果でなく、高い人は下げ、低い人は上げるという、血圧を調整する効果があることが最近わかりました。また、一般的にストレス状態の人は血圧が高いイメージがありますが、実際には低すぎる人もストレス状態なのです。だから、森はストレス状態を改善し、調整しているというわけです。

【出典】千葉大学環境健康フィールド科学センター
宮崎良文教授、FM TOKYO「未来授業」2015年2月2日(月)〜2月5日(木)放送より

木の質感がもたらす、ぬくもりと安らぎでリフレッシュ

中学教師の疲労状態

中学教師の疲労度と意欲を木造校舎、内装木質校舎、RC造校舎3つの建物に分け比較したものです。あきらかに、木造、内装木質校舎がRC造に比べ良い結果が出ています。

【出典】愛知教育大学 橘田紘洋教授の調査研究

子供の疲労状態

木質系の床の上で勉強している子供は、非木質系に比べ集中力が増し疲れも少ない事が証明されています。

【出典】愛知教育大学 橘田紘洋教授の調査研究

檜には高い抗菌・防虫作用がある

木の香りでダニ駆除

檜やヒバの薄板を畳に挟み込むと、その香り物質によってハウスダストマイト(ヤケヒョウヒダニ)の行動が抑制されます。その効果は半年から1年持続します。

【出典】農林水産省ホームページ

精油のMRSAに対する抗菌効果

青森ヒバ、木曾ヒノキなどの精油は、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の予防に有効で、抗生物質が効かない耐性菌による院内感染の消毒にも用いられています。
Mueller Hinton Broth中において、各精油を添加した際のMRSAの生存菌数の変化を示す。木曾ヒノキ油を添加した培地では、添加後20時間で生存菌が認められなくなった。

【出典】青森県工業試験場