谷川建設

  • お近くの展示場・イベント
  • お近くの事業所
  • リクルート情報
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ハウジングコレクション
  • カオリエ

檜の効果

檜の家は、快適な健康空間を保ちます。

檜の調湿効果

檜は自然のエアコン、湿気を快適にコントロールします。

木の呼吸は伐採後、建材に生まれ変わった後も続きます。
室内の湿度に応じて空気中の水分を吸収、放出します。
優れた調湿機能で快適な住まいを実現する檜は、まさに自然のエアコンです。

調湿効果の高い檜の家が、ダニ・カビ・ウイルスから家族を守ります。

湿度の大幅な低下はウイルスの繁殖を活発にし、多湿になるとカビ・ダニが発生しやすくなります。
檜の調湿機能はきわめて優れ、四季それぞれの変化がある日本の気候には効果的です。

檜の柱1本でコップ10杯分の水分を調整する檜の調湿機能。

檜の柱1本でコップ10杯分の水分を調整する檜の調湿機能。

木材は通常、ある程度の水分を含んでいます。そして湿度が高くなると、さらに空気中の水分を吸収し、逆に乾燥すると水分を放出します。この水分の調節量はコップ10杯分ほどにもなり、湿度の高い日本の住まいには檜などの木材が最適な建材だといわれています。

檜の家は、家まるごとが加湿器や除湿器のよう。

檜の家は、家まるごとが加湿器や除湿器のよう。

たとえば天井の全面に檜の無垢材を使用すると、檜が持つ調湿機能の働きによって、その部屋の湿度は1年を通して湿度をコントロールするといわれます。つまり加湿器や除湿器に頼らなくても、常に快適に過ごせるのが檜の家の大きな特徴のひとつなのです。

湿度を50〜60%に保つ木曽檜の柱だからこそダニ・カビ・ウイルスの繁殖を抑制します。

夏場の湿度の高い家の中には無数のダニやカビが潜んでいて、それがさまざまな病気の一因になります。また、冬場の乾燥する時期にはウイルスが心配です。しかし、室内の湿度を一定に保つ檜の家は、こうしたダニやカビ、ウイルスの活動を抑え、繁殖を抑制することができるため、健康的に暮らせるのです。

檜の癒し効果

家にいながら森林浴。檜のフィトンチッド効果。

無垢材が発生させるうれしいマイナスイオン。

檜効果イメージ

空気の澄んだ森や滝などには人の健康にいいとされるマイナスイオンがあふれています。このマイナスイオンには精神や呼吸を安定させたり自然治癒力を高め、体を健康な状態に整える働きがあります。檜の無垢材を使った家はちょうど森にいるのと同じ効果があるのです。

檜の無垢材を使うのは、シックハウス対策。

シックハウス被害イメージ

多種多様な建材、とりわけ内装材が登場するにつれて、それらから発生するホルムアルデヒドなどの化学物質を原因とするシックハウス症候群が深刻な問題になっています。谷川建設の家は檜の無垢材を使うので、有害物質が発生する心配はありません。また、新建材を使う際にはF☆☆☆☆の材料を使用しています。

心とカラダを癒し、家族の毎日を健やかに育む安心の住環境。

檜の防虫効果

檜は、殺菌・防虫・抗カビに優れた建材の優等生。

檜は、殺菌・防虫・抗カビに優れた建材の優等生。

檜に含まれる「木の香りの素」フィトンチッドには、光合成を行う大切な葉を病害虫から守る殺菌効果があります。また、檜にはカビやダニの発生を抑制する働きもあります。よく檜の森には鳥がいないといわれますが、檜が有する防虫効果によって鳥の餌となる虫にとっては住みにくい森だからなのです。そのほか、檜から抽出される「ヒノキチオール」という天然エキスにも強力な抗菌・抗カビ作用があることが分かっています。

アトピーの原因となるダニ・カビの発生を抑制。

スヤスヤと眠る赤ちゃん

厚生労働省の調査によると、アトピー性皮膚炎患者の数は年々増加の一途をたどり、その原因のひとつに屋内のダニの増加が挙げられています。檜にはダニの発生を抑える効果があり、天然の殺虫剤ともいわれています。3歳児の約20%がアトピー性皮膚炎を発症しているといわれる現代だけに、檜の家への関心は、今後さらに高まっていくと思われます。

白蟻、ダニ、蚊を寄せつけない、
清潔で健康的な天然防虫効果。